FC2ブログ

清洲城を散策!

2020.03.29


この時期は日本では一番美しい季節なのに・・・、
今や日本だけではなく世界中が大変なことになっていますね。

今日現在の国外の新型コロナウイルス感染者数は50万人を超え、死者は2万人以上。
日本国内では感染者数が1,600人を超え、死者は50人を超えそうです。

イタリアに暮らしている従妹も怖くてまったく外出できないそうです。
感染しないかが心配です!

オリンピックも延期が決定しプロ野球も開幕が延期され未だ開幕の目途が立たず。
高校野球の選抜大会が中止になってしまったのは辛いことでしたね。

関東をはじめ各地で外出の自粛要請が広がっていますが、
花見シーズンのど真ん中なのに・・・これからいったいどうなってしまうのか。

そんな平日休みのひととき、
あまりにもお天気が良かったので閑散とする清洲城を散策して来ました!

1813-太陽と清洲城
真っ青な空に日本刀のような光線を出して輝く太陽!

1812-桜と清洲城
お城の前に咲くソメイヨシノはまだまだですが少しずつ咲き始めていました。

1814-清洲城石碑
清洲城は1405年(応永12年)に築城とされていますが、1375年(永和元年)という説も。
名古屋城が築城されるまでは尾張国の中心地で守護代織田家の本城として機能。
清洲城と言えば信長というイメージがありますが信長が居城したのはたったの10年。
しかも当時は天守はなく、本能寺の変の後に次男の信雄によって建てられたそうです!

お城は元々この場所ではなく五条川を挟んだ北側の清洲古城跡公園にあったそうです。
1613年(慶長18年)に名古屋城の完成と城下町の移転が完了したことにより廃城。
現在の清洲城は1989年(平成元年)に当時の清洲町の町政100周年を記念して、
鉄筋コンクリート造で建設されたということです。

1815-大手橋と清洲城
美しい朱色に染められた大手橋から望む清洲城は存在感がありますね。

1816-二人と清洲城
こんなに天気がいいのに新型コロナの影響でほとんど人がいません(^-^;

1817-五条川と清洲城
JR東海道本線と東海道新幹線から見える光景はこんな感じですね。

五条川に架かる大手橋を渡ってしばらく下流側に清洲公園がありますが、
ちょうどヒガンザクラが満開を迎えていました

1819-彼岸桜
たくさんのメジロが桜の花をついばんでいました。

1818-清洲公園の彼岸桜
隣のソメイヨシノはまだ蕾が多く、満開までにはまだ一週間くらいかかりそうですね。

そして清洲公園には織田信長公と濃姫の銅像が建ってるのを知っていますか?

1820-織田信長公
織田信長公の銅像です!
信長像は1936年(昭和11年)に建てられたそうです。

1821-濃姫
濃姫の銅像です!
濃姫像は1992年(平成4年)に清洲城に建てられ・・・
2012年(平成24年)にここ清洲公園に移されたそうです。
濃姫とは「美濃から嫁入りしてきた嫁」という意味だそうですよ!

1822-信長と濃姫
信長は甲冑をまとい清洲城から桶狭間の戦いに出陣する姿で、
その視線は桶狭間の方向を向いています。
一方濃姫はそんな信長を見守るかのように微妙な距離で建っています。

ここは 始まりの地 ~二人の愛と希望の丘~
夫婦の絆・立身出生・必勝祈願のパワースポットのようです!

1823-桶狭間に向かって
信長の視線の向こうには桶狭間! か~!! カッコイイですね!!!

清洲城!結構魅力があります!!
新型コロナウイルスの影響で天守閣は閉鎖されていましたので、
次は天守閣に入ってみたいと思います。

皆さんも是非 清洲城へ!
スポンサーサイト



うだつの上がる街並み散策!

2020.02.28


この一ヶ月で世の中は一つの話題で大騒ぎです!

そう、新型コロナウイルス!

感染者数は今日時点で愛知県は25人と全国で3番目に多く、
とうとう岐阜県も2人の感染者が出ました。

いよいよ身近に迫ってきた感じです。
近くの薬局は開店前から長蛇の列。

社内でもアルコール消毒液を置くなどして予防を始めました。

皆さんも充分に気を付けてなるべく人混みを避け、
不要不急の外出は控えてくださいね。

そんな中での休日は何処へ出掛けて良いのか分かりませんが、
平日のお休みをもらってちょっと田舎へ出掛けて来ました。

うだつの上がる街並み!
1792-うだつの上がる街並み二番通り
ここは岐阜県美濃市! まずは二番通りから!!

平日、しかも水曜日ということで人影はなし。。。
それもそのはず、この街並みは水曜日定休のお店がほとんど・・・。
思い付きできたのが間違いでした(^-^;

でもこの時期、人混みがないのは良いこと(^_^)v
1793-うだつの上がる街並みマップ
このマップの通り、目の字の町並みで一番通りと二番通りがあります。

そもそも “うだつ” って何?
1809-うだつ
漢字では “梲” と書きます!

“うだつ”とは、屋根の両端を一段高くして火災の延焼を防ぐために造られた防火壁のことで、裕福な家しか“うだつ”を造ることができなかったため、庶民の願望から「うだつを上げる・うだつが上がらない」の言葉もできたそうです。
そしてここは国の伝統的建造物群保存地区に選定された“うだつ”の町並み。美濃市は、江戸時代の商人の町で、この“うだつ”が多く残っています。
町並みには、江戸~明治時代にかけて造られた商家が軒を連ね、古いたたずまいを見せています。なかでも、国の重要文化財指定になっている造り酒屋の小坂家住宅や市の指定文化財の旧今井家住宅は庭や蔵などに往時の繁栄を今もとどめています。

こちらがその小坂家住宅です!
1794-国重文小坂家
さすがに国の重要文化財に指定されていることもあって存在感があります!

“うだつ”も立派!
1797-小坂家のうだつ
屋根の起(むく)りに沿って“うだつ”も起(むく)っています(^^)

棟の辺りにも“うだつ” ?
1798-小坂家のうだつ
これは“うだつ”ではないのでしょうか?

玄関の横は犬矢来(いぬやらい)
1799-犬矢来
犬矢来とは雨の跳ね返りや、犬の小便から家の外壁を保護するための竹製の工作物で、駒寄せともいいます。
京都の町屋でもよく見かけますよね。

中に入るとここにも暖簾!
1795-小坂家のれん
小坂家の家紋でしょう!

さらに奥に入ると・・・
1796-小坂家水や
土間の水やと杉玉。
京都の町屋にも似ていて奥に入っても光がしっかり採り込まれています!

街並みを進むと公衆便所がありますが・・・
1800-トイレのうだつ
“うだつ”にも“本うだつ”“袖うだつ”があるそうですが、これはどっちなのでしょうか?

そして二番通りから一番通りへ。
1804-うだつの上がる街並み二番通り
二番通りの方が“うだつ”が多いようです。

駐車場には料金投入口があるだけで係員がいるわけではありません(^-^;
1803-駐車料金100円
ココには停めませんでしたが。

街並みのほとんどが定休日の中、開いてる店もちゃんとありました。
1801-うだつコロッケ
その名もうだつコロッケ!

飛騨牛と岐阜県産豚肉がたっぷりと思いきや・・・
1802-うだつコロッケ
アレッ? 肉はあまり入ってませんでした(^-^;  一個100円です(^-^;

そしてこんなお店も!
1805-あかり館彩
和紙照明店 彩(IRIDORI) 全て伝統の美濃和紙で出来ています!

さらに通りを進むと、まさに“うだつ”の街並み!
1806-一番通り

1807-うだつ

1808-うだつ
それぞれの“うだつ” それぞれに特徴がありますね!

こちらは美濃市の文化財に指定されている今井家住宅です。
1810-今井家住宅
午後4時で閉館だったので中には入れませんでしたが、見たかったな~(>_<)

このうだつの街並みは、
平成22年には当時の天皇陛下、平成27年には皇太子が視察に来られたそうです。

最後にこんなのも!
1811-空缶の風車
ジュースの空き缶(アルミ缶)で作った風車!
なんとも風情があります(^.^)

今度缶ビールの空き缶で作ってみたいと思います!

本当は道の駅「にわか茶屋」に行こうと美濃市まで来たのですが、
ちょっと立ち寄ったうだつの上がる街並み!

まだまだ見どころはたくさんありそうなので、
今度は水曜日以外に来ようと思います!

皆さんも是非!(^^)!

一級建築施工管理技士合格!

2020.01.31


皆さん、改めまして・・・
明けましておめでとうございます!

令和2年、2020年も「コバッチワールド」をよろしくお願いいたします。

2019年の除夜の鐘の音を聞いてもう一ヶ月(^-^;
あっという間の一ヶ月でしたが、
年が明けても暖かい日が続いていますね・・・。

ひょっとして今年もこのまま雪が降らないのかもしれませんね。。。

そんな1月の最終日にビッグな発表がありました!

一級建築施工管理技士に合格!

足掛け10年(^-^;
ようやく念願が叶いました!

一級建築士の私は学科は免除されるので実地のみの受験なのですが・・・
この実地試験がとても難しいのです!

何回も諦めかけましたが、辛抱して辛抱して頑張りました!
諦めずにやり切って本当に良かったよ思います(^^)

会社の同僚が「僕、受かりました~」と言ってきたので・・・
僕もこそっと携帯で・・・恐る恐る・・・検索してみました。

1789-合格発表

「25357011」

番号を見つけた時は思わず「あった~」と大声!

そのあとは何回も何回も何回も何回も・・・受験票の受験番号を確認しちゃいました(^-^;

1790-受験票

皆さん確認してください、合ってますよね!!

自宅に合格通知が来たら登録をします。
登録してはじめて資格を手にしたことになるので合格通知を心待ちにしたいと思います。

一生勉強と言いますが、実際に勉強することは難しいことです。
仕事に直結する資格とは言え試験勉強はつらいです・・・。

試験の数ヶ月前から昼休みの30分くらい勉強しました。
そんなんでは少ないんですけどね(^-^;
夜は晩酌が楽しみなので勉強はしませんでしたし(^-^;

何はともあれ、本当に良かったです(^.^)

2020年、幸先の良いスタートが切れた感じです!
春には孫がもう一人増える予定です!!

でも何より健康が第一!

1791-2020年の初詣

改めて・・・今年も・・・

よろしくお願いいたします!
皆さん、今年も頑張りましょう!

「ウッドワン空間デザインコンテスト2019」優秀賞受賞!

2019.12.31


2019年の暮れに大きなお年玉をいただきました!

師走も半ばを過ぎた12月17日、
「ウッドワン空間デザインコンテスト2019」優秀賞を受賞しました!
1774-優秀賞盾

受賞作品は “Treasure-Box” 
まさに宝箱をテーマに住まいづくりをしたお家です!

1788-Treasure-Box
評価のポイントは「住みたい家ではなく、楽しめる家」を大いに表現されている点、
また外部に木製格子戸を使っているところや丸太梁の存在感も好印象だったようです。

その1ヶ月ほど前にコンテスト事務局より1通のメールが届き、
入選との一報を受けました。

ただ、どの賞なのかは表彰式当日まで知らされないとのことで、
満を持して東京の新宿パークタワーOZONEギャラリーへ行ってまいりました。

審査員長は建築家の伊東豊雄先生!

全272の応募作品の中から8作品が本日の表紙式に臨み、
そしてその瞬間がやってきました!

1787-優秀賞
優秀賞 受賞!

1772-表彰
株式会社ウッドワン代表取締役社長の中本祐昌様より盾と目録をいただきました。

1773-優秀賞受賞
優秀賞の盾と目録!
ちなみに優秀賞の賞金は30万円、しっかり会社に振り込んでいただきました。

最終結果は最優秀賞2作品、優秀賞2作品、入賞4作品でした。
1775-記念撮影の様子
最後は全員で記念撮影をしましたが、僕だけカメラの方を見ているようにです(^-^;
これは同席した吉澤壮吉東京支店長が撮影してくれたからですよ(^.^)


1776-伊東豊雄先生
審査員長の伊東豊雄先生とも記念撮影!

1777-中本祐昌社長
そして中本祐昌社長とも記念撮影!

表彰式のレポートも掲載されていますので ここ をクリックしてみてください!

こうして表彰式は幕を閉じましたが・・・
せっかくですので優秀賞を受賞した作品をご紹介いたします!


1778-Treasure-Box_gaikan
【ガレージとアプローチの木製面格子】

1779-Treasure-Box01
【丸太梁の存在感】

1780-Treasure-Box02
【キッチンを中心としたLDK】

1781-Treasure-Box03
【リビングとウッドデッキの繋がり】

1782-Treasure-Box04
【リビングからバイクガレージを見通す】

1783-Treasure-Box05
【タイル張りと桧張りの浴室】

1784-Treasure-Box06
【中庭を望めるトイレ】

1785-Treasure-Box07
【アプローチから玄関へ】

1786-Treasure-Box08
【格子戸から明かりが漏れるガレージ】

何よりもお施主様に感謝いたします!
また、この住まいづくりに携わることが出来たことにも感謝です!!

これを糧に益々精進したいと思います。
ありがとうございました。

あと数時間で2020年ですね!

皆さん良いお年をお迎えください(^.^)/~~~

2019  住まいづくり総集編!

2019.12.28


ここ数年は暖冬続きですが、
今年の年末は本当に暖かいですね!

今月初めにスタッドレスタイヤに、しかも新品を買って履き替えたのですが、
まだ威力を発揮していません。。。
もったいない感じですが“備えあれば憂いなし”ということで・・・
しょうがないですね。

今日は朝一番で加子母へ仕事納めに行って来ました。
気温はマイナス2℃でしたがまったく雪はありませんでした。

そんな2019年、令和元年も終わろうとしています。
今年もまいりましょう!

2019年住まいづくり総集編!

まずは、6月にお引き渡しをした 長久手市 “杁ヶ池のいえ” 
1766-①杁ヶ池のいえ(外観)
【外観】

1767-①杁ヶ池のいえ(内観)
【内観】

杁ヶ池公園にほど近い閑静な住宅地にシンプルなモダン和風の住宅が建ちました。
奥様のご両親が畑として利用していた土地でしたが見事に生まれ変わりました。
私自身3棟目の長期優良住宅でしたが初めての耐震等級「3」の住宅です。
さらに制震ダンパー、壁掛けガスストーブ、プロジェクッタースクリーンと盛り沢山の設備。
お施主様の拘りと中島工務店の想いが融合した中身の濃い住宅になりました。
構造見学会と完成内覧会の両方を開催させていただき沢山のご来場もいただきました。


続いて、こちらも6月にお引き渡しをした 春日井市 “K様邸マンションリフォーム”
1768-②マンションリフォーム(Before)
【Before】

1769-②マンションリフォーム(After)
【After】

中古マンションを購入されたお施主様がリフォームをしてリニューアルしたお住まいです。
2年前に住まいづくりのご相談をいただいた時は奥様の実家の離れの改築工事でしたが、
紆余曲折しながら最終的には離れの改築工事を断念してマンションを購入されました。
総戸数147戸のファミリー向け大型マンションでしたので共有部分の養生は苦労しました。
床材こそ遮音材付きのカラーフロアでしたが天井の一部や枠材には無垢材を沢山使用。
木の温もりと木の香りを感じられる中島工務店ならではのマンションリフォームでした。


最後は、12月にお引き渡しをした 稲沢市 “M様邸リノベーション”
1770-③M様邸リノベーション(Before)
【Before】

1771-③M様邸リノベーション(After)
【After】

23年前の平成7年に中島工務店で住まいづくりをさせていただいたOB様宅です。
延床面積82坪の大豪邸に娘さん家族が同居され二世帯住宅として生まれ変わりました。
既存はモダンな趣のある建材を使用していましたが全て取り払って明るくなりました。
ご両親世帯は主にリフォームが中心でしたが子世帯側は間仕切りや開口部が変わり、
キッチンやトイレを大きく移動させるなど部屋の位置が大きく入れ替わりました。
今後このようなリノベーション工事が増えることを予感させる貴重な住まいづくりでした。

完成お引き渡しした住まいづくりは3軒にとどまりましたが、
今年は新築の設計が4軒重なり、その全ての設計が終わり順次着工しています。
また、リフォームやリノベーションのお仕事も急増しています。

2020年はオリンピックイヤー!
日本中が盛り上がるので、住まいづくりも大いに盛り上げて行きたいと思います。

体調も万全です!

今年もありがとうございました!!

来年もやりますよ~!!!
プロフィール

kobachi

Author:kobachi
コバッチです!!
1968年10月29日生まれ
さそり座のA型♂ 申年
ふるさとは乗鞍と御嶽の麓
住まいの設計をしてます(^^)v

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード