FC2ブログ

琵琶湖竹生島めぐり

2019.05.31


令和初 の コバッチワールド!

令和の時代になってもう一ヶ月!

新しい時代になって気分も一新・・・といきたいのですが、
やっていることは全然変わってません(^-^;

でも何かが変わった感じで、少しワクワクした気分を感じています。

さて、
今年のGWは世間では10連休の話題ばかりでしたね。
そんなに休んでもやることないと思うんですけど・・・。

案の定、TVでは・・・
「こんなに休みがあっても困る」とか「やることが無い」とか「休みに飽きた」とか。

そう! 休みはそんなにいらないのです!!
ダラダラと休むより、濃い~休みにしなくちゃいけませんよ(^^♪

そこでわが家は、夫婦そろって休みだった2日間を、濃い~く過ごしました。
とは言っても、いつもの通り行き当たりバッタリ(^-^;

5月4日、素晴らしいお天気だったので、
念願の“琵琶湖竹生島めぐり”に出掛けて来ました。

朝7時に出発~ そして9時前に到着~!
1668-長浜港観光船のりば
ここは長浜港観光船のりば!

9時発の始発便はすでに長蛇の列(^-^;
しかもインターネットのオンライン予約か現地チケット売り場での購入のみ。
もちろん行き当たりバッタリなのでオンライン予約なんてしてません(^-^;

すぐにチケット売り場に並び、なんとか次の便、9時30分発の乗船券をゲット!
1669-竹生島遊覧船チケット
30分待ちならまだいい方です。朝早く家を出て良かったです(^^)

始発便が出て間もなくすると、次の便が港に入って来ました。
1670-遊覧船リオグランデ
さ~乗るぞ~~!

座席は自由席なので早いもん勝ち!
比較的前の方に並んだ僕たちは、後方のオープンデッキに向かいました。
1671-長浜港をあとに
長浜港を出発で~す! 後ろには伊吹山が霞んで見えます!!
とっても気持ちいい~~!!!

渡航時間はおよそ30分。
近くの席の人たちとも気さくにお話もできて楽しく過ごせましたよ(^^)
1672-遊覧船甲板にて
妻は風が冷たいと言っていましたが、僕にはちょうどイイ!
栃木から来ていた方に撮ってもらいました(^^)v

そんなうちに、すぐそこに竹生島が迫っていました。
1673-竹生島へ
来た来た来た~って感じ~ 何やらパワーを感じますよ~

念願の竹生島上陸で~す。
1674-竹生島上陸
初夏の陽気で緑も艶やか、気持ちいいところです(^^)

「ようこそ竹生島へ」 来ました、弁天様のパワースポット!
1675-ようこそ竹生島へ
竹生島での滞在時間はおよそ75分。 さあ先を急ぎましょう!

まずは案内図を見て確認です。
1676-参拝案内図
竹生島には日本三弁財天の一つである大弁財天を祀る宝厳寺や
龍神信仰の都久夫須麻神社があります。


まずは165段の階段を昇り鳥居をくぐります。
1677-竹生島神社の鳥居
石階段は勾配が急なので、休み休み昇らないと太ももが攣ってしまいますよ(^-^;

鳥居をくぐってしばらく歩くと見えてきました! 宝厳寺の本堂です。 
1678-宝厳寺
その上空には上昇気流に乗ったたくさんのトビが悠雅に飛んでいます。
「幸せ願いダルマ」の中に願い事を書いた紙を入れて奉納すると願いが孔うとか。

こちらは樹齢400年のモチの木!
1679-モチの木
まるで盆栽のようにきれいに枝が整っていますね。

そして振り向くと美しい三重塔がそびえ立っています!
1680-三重塔
大きさは岐阜公園の三重塔ほどではありませんが、実にそれと同じくらい美しい!
江戸時代に落雷で焼失したのですが、2000年に復元されたそうです。

165段もの石階段を昇って来たのですから・・・
1681-竹生島からの展望
新緑の向こうに見える青い琵琶湖と、雲ひとつない青空は清々しい!

宝厳寺は国宝であり西国観音霊場第三十番札所です。
1682-西国第30番観世音堂
観音堂は2019年秋まで保存修理工事中とのことで足場が架かっていて、
じっくり見学することは出来ませんでした。

そして少し下って見えてきたここは八大竜王拝所。
1683-竹生島八大竜王拝所
ここで販売しているカワラゲ2枚購入し、1枚にあ名前もう1枚には願い事を書き・・・

そしてこちらの鳥居に向かって投げる。 (これを「かわらげ投げ」と言うそうです)
1684-かわらげ投の鳥居
投げたかわらげが鳥居の間を通ると願いが叶うそうですよ。

よく見ると鳥居の足元にはたくさんのかわらげが積み重なっています(^-^;
けっこう鳥居の間にもかわらげが落ちていますね(^^)
願いがなった人がたくさんいるみたいです。

75分というのはちょうどいい時間でした。
1685-長浜港行きのりば
港にもどると長浜行きの遊覧船が待っていました。

もちろん、帰りもオープンデッキ!
1686-竹生島をあとに
琵琶湖の最北端に浮かぶパワースポット、竹生島をあとにしました。

気持ちいい風、気持ちいい景色にもパワーをもらいながら長浜港へ。
1687-琵琶湖から見た長浜城
湖畔に見える長浜城も美しいですね(^^)

長浜港に着いたのがちょうどお昼ころ。
琵琶湖を右手に眺めながらリバーサイドロードを南下。

途中お昼を済ませ・・・
午後からはラ・コリーナ近江八幡
夕方にはブルーメの丘に立ち寄りました。

文字通り、濃い~一日!

たった一日分でも書ききれないほどの内容でしたので、
また別の機会にでもご紹介したいと思います(^^♪

令和も コバッチワールド をよろしくお願いいたします!

スポンサーサイト

雨の金沢を散策

2019.04.30


今日で平成も終わり。
明日からは次なる時代、令和の始まりです!

昭和生まれの僕は、成人する二十歳までは昭和の時代を過ごしました。
そして成人して平成の時代を迎え、御年50歳!

平成4年に結婚!5年に長男誕生!7年に次男が誕生!10年に長女が誕生!
私にとって平成とは、大切な家族を築きあげた素晴らしい時代になりました(^^)

今日は雨、そして明日も雨の予報。。。

今から30年前の平成の始まりも雨だったそうです。
晴れ晴れと新時代を迎えるのもいいかも知れませんが、
シンミリと時代が代わるのもいいんじゃないでしょうか。

雨雨雨・・・雨と言えば金沢かな?

ということで・・・4月の中旬のある日。。。
久々に家族で日帰り旅行に行こうと決めていた日は数日前から雨の予報。

「雨と言えば金沢!」 そう家族に言い聞かせ、
行って来ました! 金沢!!

朝7時に一宮の自宅を出発。
一宮IC→名神高速→米原JCT→北陸道→金沢西IC

まず向かったのは “金沢21世紀美術館”
1628-金沢21世紀美術館
そう、金沢もやっぱり雨!

金沢の中心部にあり誰もが気軽に立ち寄れるところにあります。
1629-金沢美術館外観
松の木とカラーアクティヴィティハウスの向こうに建つ平面が円形の建物がそれです。

内部はこんな感じ。
1630-金沢美術館内観
設計は妹島和代+西沢立衛/SANAA  ちょうど桜も満開を迎えていました。

展示室は全て撮影禁止だったのですが、唯一撮れたのがここ! “スイミング・プール”
1631-金沢美術館水中
文字色ここは水中ではなく地下の空間! 水面に落ちる雨粒が幻想的でしたよ!

続いて向かったのは “兼六園” と “金沢城公園”
1632-雨の兼六園
美術館から徒歩で5分くらいの距離です。

真弓坂を昇って茶店通りに出ると和服を着た女性が二人。
1633-茶店通りの和服女性
雨の日ならではの光景に・・・しばし、うっとりついて行ってしまいました(^-^;

どこを見ても桜は満開! イヤ~来て良かった~
1635-満開の桜
雨に濡れた桜の花びら! いい感じです!!

ひとまず “兼六園” は素通りして “金沢城公園” へ!
1634-金沢公園前
お堀通りに架かる “石川橋”  ここを渡ると “金沢城公園” です。

まずは案内図を見て現在地を確認。
1636-案内図
とにかく広い!!

中に入るとすごい迫力の建物が見えてきました!
1637-五十間長屋
“菱櫓” “五十間長屋” “橋爪門続櫓” です。
平成13年に金沢城公園のシンボルとして復元されたそうです。

そして、その右手前には・・・
1638-河北門二の門外観
“河北門にの門” です。
こちらも平成22年に復元されたそうです。

内部はこんな感じの広い空間!
1639-河北門二の門内観
素晴らしい木材がたくさん使われています!

職業柄、やっぱり見入っちゃいますね(^-^;
1640-河北門二の門の断面図
下階の門の部分は欅(ケヤキ)、丸太梁y桁は松 小屋組みは能登ひば。
桧は使ってないんですね。。。

前田利家が築城した金沢城は・・・
1641-金沢城
400年以上前に落雷で焼失後も天守閣は再建されないまま・・・

櫓や御殿が再建されたのですが、その後も度重なる火災にあい・・・
1642-金沢城と桜
今も天守閣のないお城となっているそうです。
ここに天守閣が存在したら・・・もしかして日本一美しいお城かも知れませんね!

ということで・・・
1643-近江町市場鮮魚通り口
お腹が空いたので近くの “近江町市場”

いざ、お店探し!
1644-近江町市場へ
海鮮丼でも! と、いきたかったのですが・・・軒並み3,000円超え!!
3人で10,000円超え!!!

サッ!とあきらめて定食屋さんでランチにしました(^-^;
1645-加賀味噌カツ丼
“加賀味噌カツ丼”
お腹いっぱいになって、3人でも3,000円でオツリがもらえたよ(^_^)v

さて、お腹がいっぱいになったところで・・・いよいよ “兼六園”
1646-兼六園:桂坂
桂坂を昇って・・・

桜ヶ岡を通って見えてきたのは・・・
1647-兼六園:桜ヶ岡
“唐崎松”  雪吊りは冬の風物詩になています。

そして、更に進むと・・・
1648-兼六園:根上松
“根上松”  兼六園名物のひとつで高さ15メートルの黒松です。

そして、いちだんと存在感のある・・・
1649-兼六園:日本武尊の像
“日本武尊像”  地上からの高さ12メートルで、兼六園で一番大きな銅像です。

この広い兼六園を管理するにもたくさんの方の手が必要ですよね。
1650-兼六園:手入れ
雨の中、ご苦労様です!

さらにその先を行くと・・・
1651-兼六園:霞ヶ池
“霞ヶ池”  兼六園のほぼ中心に位置し一番大きな池です。

そして、その霞ヶ池が水源の・・・
1652-兼六園:噴水
“噴水”  池の水面との落差3.5メートまで噴き上がっています!

桜並木・・・
1653-兼六園:桜並木
綺麗です!

桜並木を通り抜けると・・・
1655-兼六園:瓢池
“瓢池”(ひさごいけ) 兼六園では一番古い池で「ひょうたん」のような形をしています。

そして、その畔に建つ建物・・・
1654-兼六園:夕顔亭
“夕顔亭”  兼六園最古の茶亭で、場所も姿も当時のまま。

思う存分 “兼六園” を散策したあとは・・・ちょっとひと休み! とは行かず(^-^;

マップで調べて近くにあった “金沢蓄音器館” に立ち寄りました。
1656-金沢蓄音器館
3階建てで、3階から順に下の階へと見ていくコースになっています。

3階は、明治、大正、昭和の各時代に活躍した蓄音器が展示してあります。
2階は、エジソンが発明した蓄音器から様々な蓄音器の聴き比べができます。
1階は、サロンや多目的ホールがあります。

説明員の計らいで特別に僕たちだけに蓄音器を実演してくれました。

ヒズ・マスターズ・ボイス!
1657-蓄音器とニッパー
亡くなったご主人の声が蓄音器から聞こえる・・・
それを不思議そうに聴き入る犬、ニッパー。

意外と楽しかった “金沢蓄音器館” をあとにしたのが午後3時半過ぎ!

最後の目的地は・・・“松井秀喜ベースボールミュージアム”
4時半に到着しなければ入れない!

金沢から下道を走って能美市に!
1658-松井秀喜:ベースボールミュージアム外観
間に合いました! なんともアメリカンな建物です(^^)

松井秀喜少年が銅像になっています!
1659-松井秀喜:少年時の銅像
松井秀喜のお兄さんは一級建築士!
その設計チームがこのミュージアムを造ったそうです。

中に入ると・・・
1660-松井秀喜:ベースボールミュージアム内観
ヤンキースのユニフォームを着た等身大の松井秀喜が出迎えてくれます。

チケットを買って更に中に入ると、松井秀喜ワールド!

少年時代の松井秀喜くん
1661-松井秀喜:I have a Dream
「僕には夢がある」 とても説得力がありますね!

歴代のユニフォーム。
1662-松井秀喜:歴代のユニフォーム
少年野球時代のユニフォームも大きいわ(^-^;

夢の始まりはこの少年野球時代から・・・
1663-松井秀喜:夢の始まり
少年野球時代のポジションはキャッチャーだった。

そして甲子園のヒーローに!
1664-松井秀喜:星稜高校時代
星稜高校での最後の夏は、伝説の5打席連続敬遠でしたね。

そして栄光の巨人軍へ!
1665-松井秀喜:巨人軍時代
ドラフト会議で長嶋茂雄監督が松井秀喜を引き当てたのは運命でした。

さらに新たな夢を求めメジャーリーグへ!
1666-松井秀喜:メジャーリーグ時代
ヤンキース時代のワールドシリーズMVPはみんなが感動しました。

見どころ満載の“松井秀喜ベースボールミュージアム”
もう一度来たい! と思いました!(^^)!

それにしても・・・松井秀喜はデカい!?
1667-松井秀喜はデカい
松井秀喜は188センチ、僕は167センチ! あれ? デカ過ぎじゃない!?

こうして濃いぃ~一日が終わりました(^^)

今日は長い長いブログになりましたが、
平成最後の「コバッチワールド」はいかがでしたか!
令和も月一の「コバッチワールド」をよろしく願いします!

蒲郡を散策

2019.03.30


もうすっかり春の陽気になり・・・桜は五分咲きくらい!
選抜高校野球も熱戦が続き・・・プロ野球も開幕!

そして新元号の発表まであと2日。
世間はにわかにざわつき始めてきましたね。

テレビをつけると、どの局も平成の出来事を放送し、
関市の道の駅“平成”は毎日大賑わいの様子ですね!

そんな中・・・夫婦二人が休みだった日曜日!
“無性に何処かに行きたい”という衝動にかられ、二人でドライブに出掛けました(^^♪

僕・・・「どこ行こう?」
妻・・・「愛知の江の島!」
僕・・・「ん?」
妻・・・「蒲郡!」
僕・・・「蒲郡?」
妻・・・「江ノ島に似た竹島ってとこがあるみたい!」
僕・・・「どれ~」

妻がスマホで検索した竹島の画像を見て・・・

僕・・・「江の島そっくりやん!」
妻・・・「これ竹島なんだって!」
妻・・・「近くに水族館やファンタジー館もあるよ!」
僕・・・「よし行こか!」

名神高速の一宮インターから東名高速の音羽蒲郡インターへ。
音羽蒲郡インターを降りてオレンジロードに向かいました。
カーナビでは途中に料金所の表示があったのですが、
今は無料になり料金所もありませんでした(^^)

そのまま南下すると海岸が見えてきて“WELCOME竹島PARK”のゲート!
1505-竹島パークへ
そしてしばらく走ると・・・そのまま“竹島公園”に入ることができました。

この時、朝8時30分!
車を降りて公園内を歩いて海の方を見ると“竹島”が見えてきました!
1506-竹島
空はどんより曇っていましたが、景色は素晴らしい!

ここは、あの江の島、琵琶湖の竹生島、広島の厳島らと共に、
日本七弁天に挙げられているそうです。

竹島に近づくと、竹島の見どころを描いたイラストが掲示されています。
1507-竹島の見どころ
竹島の巡回時間は40分って描いてあるね。。。意外と短いんだね(^-^;
パワースポットは5つの神社? すべてお参りすると一生の幸せが得られるとか・・・。

三河湾に架かる“竹島橋” 橋の全長は387メートル!
1508-竹島橋
・・・ってさっきのイラストに描いてあったけど・・・結構長い!

竹島橋を渡り終わるころ、島の入口に鳥居があります。
1509-八百富神社鳥居
“八百富神社” の鳥居!

竹島に入り、さっそく5つの神社を順番にお参りしました(^^)

まずはこちら・・・
1510-宇賀神社
宇賀神社。

2番目はこちら・・・
1511-大黒神社
大黒神社。

3番目はこちら・・・
1512-千歳神社
千歳神社。

そして本殿・・・
1514-八百富神社
八百富神社。

最後はこちら・・・
1513-八大龍神社
八大龍神社。

5つの神社をお参りすると竹島の突き当りです!
1627-竹島の突き当り
松の木越しに三河湾が一望することができますよ(^^♪

そして時計回りに海岸線の遊歩道を歩いて島の入口のともろまで戻ります。
そこからはこれから戻る本土を見渡す絶景ポイントもあります(^^♪
1515-竹島から蒲郡
もちろん、帰りも387メートル!

本土に戻って振り向くと・・・
1516-蒲郡から竹島
竹島の八百富神社を創建したとされる“藤原俊成”の銅像と松の木が。
穏やかな風景ですね(^^)

そして・・・
ほどなく歩くと“竹島水族館”が見えてきました。
1517-竹島水族館
昔はお客さんもまばらな水族館だったそうですが、
2018年1月にリニューアルオープンしてからは大盛況のようです。

何と言っても、名物はこれのようですね!
1618-名物アシカショー
アシカのラブちゃんによるショー! 客席は超満員でした!!

そして珍名物のカピバラショー!
1619-珍名物カピバラショー
オスのたいようくん と メスのそらちゃん。
機嫌が悪いと何もしてくれないみたいでしたが、この日は機嫌が良かったみたいです(^^)

たくさんの海の生物も見れて子供たちもいっぱい来ていました。
なかなかイイ水族館ですよ!

水族館を出て時計を見ると、まだお昼まで30分くらい時間がありましたが、
きっと混むと思い早めにお昼にすることにしました。

お昼はココ!
1620-魚々の里とまりん
魚々の里“とまりん” 

せっかくだから・・・海鮮とまりん丼!
1621-海鮮とまりん丼
並みで1,280円なのですが、ごはん大盛りにしてこのボリュームでも同じ1,280円!
お腹いっぱいになっちゃいました。。。

次はとまりんのすぐ隣にある“竹島ファンタジー館”
1622-竹島ファンタジー館
ちょうどお昼を食べている時は雨が降っていたのですが、青空が見えてきました!

そして、その中にある“貝と石のテーマパーク”
1623-貝と石のテーマパーク
何がファンタジーなんだろう・・・と思いながら中に入ってみると・・・

全てが貝! 何もかもが貝でできている!
1624-女神の像
ボン・リードさん? も貝でできていました(^-^;

他にも、貝で作られたトンネルや乙女竜宮城や浦島太郎のほか、
およそ110か国からの五千万点あまりの貝を展示してあるとのこと。

帰りは“蒲郡オレンジパーク”でひと休み。
1625-みかんとイチゴ
“蒲郡みかんジュース” と “いちごソフトクリーム”

ここは年間を通してブドウ、メロン、イチゴなどの、
果物狩りを楽しめるレジャー施設のようですよ。

最後に自分へのお土産!
1626-クラフトチューハイ
 “蒲郡みかんのクラフトチューハイ”
やっぱり「地域限定」の文字に誘われてしまいますね(^-^;

家に帰ってさっそくいただきました!
コレ!みかんの味が濃厚で、アルコールも濃いので、
とっても美味しくて、すぐにホロ酔いになりましたよ!

最近仕事でテンパってて、なかなかゆっくりできてませんが・・・
そんな時こそ気晴らしが必要ですね!

リフレッシュ! リフレッシュ!!

かさまるくん公園!

2018.09.29


大きな台風が近づいています!
とっても強烈な台風24号です!

今月始めの21号も強烈でしたが、24号はもっと凄そうです。
そう思って心配していたら25号が発生しちゃいました!

今年の秋は台風と秋雨前線に悩まされそうですね。。。

そんな秋雨の切れ間の9月の半ば、久々に孫との休日を過ごしました(^^)

遊びに来たのはココ!
1438-面白い遊具
岐阜県笠松町にある笠松町運動公園です。
通称“かさまるくん公園”
1437-かさまるくん公園
休日の早朝ということもあって・・・
芝生の広場ではシニアたちがグランドゴルフを楽しんでいます。

空気はもうすっかり秋めいて気持ちいい朝(^^)
1439-コスモス
公園の脇には秋らしく綺麗なコスモスが咲いていました。

たくさんの遊具がある中で一番の存在感がコレ!
1440-かさまるくんすべり台
“かさまるくん公園”の名前の元となった“かさまるくん”です!

ここ笠松町のマスコットキャラクターになっていて、
“かさまるくん”の他に“かさまるちゃん”もいるそうですよ!

ここはなぜか“かさまるくん”しかいませんけどね(^-^;

孫のリンは早速すべり始めました!
1441-かさまるくんすべり台
案の定 「もう一回、もう一回」と言いながら何回も(^-^;

ここには他にもたくさんの遊具があり・・・
1442-幼児向け遊具
このような幼児用のやさしい遊具があったり・・・

1443-網のトンネル
ちょっと難しい網のトンネルがあったり・・・

1444-トルネードすべり台
さらにこんな複雑な遊具があったりと、とにかくずっと遊んでいられます!
この複雑な遊具はプールなんかによくありそうですが、

小っちゃい子にはまだ難しいこの赤いトンネルを・・・
1445-よっこいしょ
順番に昇って行き一番高いところまで来たら・・・

トルネードのように一気にすべり降ります!
1446-トルネードすべり台
最初の一回目は一緒にすべりましたが、大人にはとっても窮屈(^-^;

最後はコレ! 長~いローラーすべり台!
1447-ローラーすべり台
これは開放的でとっても楽しそうだったので・・・

こんな感じに・・・
1448-ローラーすべり台で
何度も・・・何度も・・・

1449-ローラーすべり台で
孫と一緒にすべりましたv(^_^)v

見てくださいよ、孫のこの楽しそうな顔!
1450-楽しそう
爺ーじはローラーのせいでお尻のブルブルが何とも言えない感じでした。。。

他にも広い砂場や健康遊具、ターザンロープやブランコなどもあり、
子供は存分に遊べる公園ですよ!

ちょうどお腹が空いてきたので・・・
1451-お弁当
婆ーばが作ってきた焼きそばを食べました。

この笠松町運動公園、通称“かさまるくん公園”は、
2年前の2016年3月にオープンしたそうです。
たくさんの遊具があって長い時間遊んでいても飽きないし、
芝生の広場やグランドもあるので、いそんなスポーツも楽しめますよ!

皆さんも是非、お子さんやお孫さんと行ってみてください。
楽しいですよ!

久々のナゴヤドーム!

2018.08.30


まだまだ暑い日が続きますが・・・
皆さま、残暑お見舞い申し上げます!

「暑いね~」って言うのも飽きちゃうくらいクソ暑い日が続きましたが、
最近はようやくクーラーがなくても寝られるようになりましたね(^^)

先日まで盛り上がっていた甲子園は更に暑そうでしたが、
金足農業旋風は見事、吉田君は間違いなくプロでも即戦力になりそうです。
大阪桐蔭の2回目の春夏連覇も見事、根尾君もプロ注目の選手です。
記念すべき100回大会に相応しい大会になりましたね。

この秋のプロ野球ドラフト会議が今から楽しみなところですね(^^)

さて、プロ野球と言えば・・・
先日、久々にナゴヤドームでプロ野球を観戦して来ました。
何年ぶりだろう・・・本当に久しぶり・・・10年以上行ってなかったな~

きっかけは「ジョイセブン」で応募して当選した割引観戦チケットです!
1419-中日vs巨人戦チケット
なんと!中日vs巨人戦のサファイア席のペアチケット!!しかも三塁側の2列目!!!
そして!ペアで12,000円のチケットが9,000円!

「ジョイセブン」とは、
中津川・恵那地域勤労者福祉サービスセンターが発行する会報誌です。
わが社は本社が中津川市なので社員は全員ジョイセブンの会員で、
毎月のお給料と一緒にこの会報誌がもらえるんですよ。

コンサートやイベントなどのチケットもあっせんしていて毎月楽しみにしています(^^♪

8月5日の日曜日、この日も猛暑日でしたが夫婦で自宅を出発。
最寄りのバス停から名鉄バスで尾張一宮駅まで10分→180円。
尾張一宮駅からJR東海道本線で名古屋駅まで15分→300円。
名古屋駅から市営地下鉄東山線に乗り・・・
栄で名城線に乗り換えてナゴヤドーム前矢田駅まで20分→270円。
そこから徒歩でナゴヤドームまで15分!
なんと、ちょうど1時間、しかも2人で片道1,500円(^_^)v

ナゴヤドーム前矢田駅からは専用のデッキをひたすらドームに向かいます。
1420-デッキ通路
この人たちみ~んなナゴヤドームに向かっているので付いていけばいいだけ~。

するとナゴヤドームが見えてきました!
1422-ナゴヤドーム(外)
ドラゴンズ選手の応援フラッグも気分を盛り上げてくれます。

この選手の先発を期待していたのですが、どうやらこの日の先発ではないようだ。
1421-松坂大輔
そう、99.松坂大輔!僕が特に応援しているプロ野球選手の一人!
再起を誓って中日に移籍し今シーズンはここまで5勝を挙げている。

今年の甲子園は盛り上がりましたが、
吉田君や根尾君以上に横浜高校の松坂君は怪物でしたからね!

さぁ~着きました、久々のナゴヤドーム!
1423-ナゴヤドーム(内)
試合開始は14:00!

まずは腹ごしらえですよね(^^)
1424-幕ノ内弁当
名古屋三大名物幕の内!

尾張名古屋味めぐり
1425-幕の内弁当の中身
みそかつ、天むす、えびふりゃ~ (>_<)

久々のナゴヤドームですから、中日ドラゴンズの応援!・・・っと思いきや!
薄情します、僕はモノゴコロがついたころから・・・
巨人ファンなんです(^.^)/~~~

サファイア席、しかも三塁側、そしてまさかの2列目(^_^)v
1426-先発今村
目の前で先発の45.今村投手がアップを始めました。

すると、続々と巨人ベンチから選手がバットを持って出てきてアップを始めました。
中日の先発、29.山井投手の投球練習に合わせて素振り!
1427-小林と岡本の素振り(1)
22.小林捕手と25.岡本選手、そして向こう側に43.重信選手。

いち、にの、さ~ん
1428-小林と岡本の素振り(2)

1429-小林と岡本の素振り(3)

1430-小林と岡本の素振り(4)
さぁ~プレイボールです!

ココからは生ビールとツマミで野球観戦(^^)
1431-ビールとツマミ
生ビールはやっぱり一番搾り、ツマミはやっぱりチーズタラ(^_^)v

日曜日のデーゲームしかも巨人戦ときたら・・・
1432-満員御礼
もちろん、満員御礼! ですよね。

試合は終始緊迫した展開で2-0で巨人の勝利(^.^)/~~~
1433-Gタオル振り
三塁側とレフトスタンドは大盛り上がり(^.^)/~~~
先発の45.今村投手はプロ入り初完封のオマケ付きでした(^_^)v

試合後の余韻に浸りながら・・・
1434-G勝利
しっかりジャイアンツオレンジのタオルを首に巻いて満足気!

すぐに帰っても人混みがすごいので、
しばらくスタンドで時間をつぶしてドームをあとにしました。

帰りの道中でも中日選手全員のポスターが100名以上並んでいますが、
他人とは思えない選手が二人。
1435-99松坂
99.松坂大輔投手は長男のトモキに似てる(^-^;

1436-51京田
51.京田陽太選手は二男のアツキに似てる(^-^;

ずーっと気になっていたのですが、やっぱり似てる(^-^;
今度はこの二人に活躍してもらって中日に勝ってほしいと思っちゃいました!

ドラゴンズもグランパスも下位に低迷してイマイチ成績が上がらないけど・・・
もっと頑張って、どちらも優勝争いに絡んで名古屋を盛り上げてほしいと思います。

頑張れドラゴンズ!

プロフィール

kobachi

Author:kobachi
コバッチです!!
1968年10月29日生まれ
さそり座のA型♂ 申年
ふるさとは乗鞍と御嶽の麓
住まいの設計をしてます(^^)v

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード